敷地を活かした狭小3階建ての家

敷地面積が広くないけれども、その敷地の特徴を最大限に生かしてプランニングしたSE構法3階建て住宅です。狭小敷地にありがちな日照・採光・通風の問題をクリアした明るい生活空間を実現しています。
重量木骨構造のSE構法の構造的な優位性を活かして、3階建てでも柱や耐力壁を少なく配置することで空間計画をしました。
その結果、家自体をひとつの大きな空間と考えるプランニングとなり、リビングの吹き抜けや勾配天井をご提案することで、この家の中心であるリビングルームに光や風を取り入れた明るく気持ちよい家になりました。

  • 外観デザインは塗り壁とサイディングの組み合わせに、アプローチには縦格子を配置しました。
  • 狭小敷地ではリビングを2階に。 上部に吹抜けをつくって開放的な空間になりました。
  • 照明やカーテンも空間にマッチしたものをセレクト。
  • キッチンスペースを広くとれない場合には、L型キッチンで対応。オープンなので、向こうのリビングダイニングの吹き抜けからの明るい光がキッチンまで差し込みます。
  • お子さんの小さいうちは、スタディコーナーに。 動線を考えてキッチンの近くに配置。
  • 三階からリビングを見下ろす。 家のどこにいても、家族の気配が感じられる吹抜けです。
  • 季節によって間仕切りできるような戸を設けて、せまい空間でも広々と使えるようにしました。
  • 木製の手すりは現した構造材と同色で素材感を感じるように塗装しました。
  • 窓をうまく配置して明るい玄関。 外観も意識して縦長のサッシを3つ連続で配置しました。
  • 2階に設けたユーティリティ。2階リビングのお宅では同じ階に洗濯物干しスペースがあると便利です。
  • 寝室は1階に配置しました。床は無垢のパイン材を用いて優しい雰囲気に。