勾配天井の大きな吹抜けが暮らしを一つにする家

今回のお宅は、勾配天井かつ9.6帖の大きな吹抜けがLDK・土間・フリースペースを一つの空間に繋いでいるお宅です。この吹抜けによって各々が好きな場所で好きなことをしながらも、家族の気配を感じつつ過ごせる間取りになっています。
一方で水廻りや個室などのプライベート空間は吹抜けとほどよく切り離して配置していることもこだわりの一つです。また、回遊性のある洗面・洗濯・ファミリークロークの家事・生活動線となっています。

  • 吹抜けにルーバーのような木製手すりと構造体の梁を見せ、木質感のあるLDKにしました。
  • キッチンの脇にはLDKと一体で使用する洋室を設け、お子様のスペースに。2枚引込み戸を閉めて、個室としても使用できます。
  • 無垢パイン材のフルフラットのキッチン。使い勝手を考えてシンク下をオープンにし、大容量のミーレの食洗器も設置しました。
  • キッチンの後ろに水廻りがまとまっていて、家事がしやすくなっています。
  • 手洗い、ファミリークローク、洗濯脱衣室がならび、キッチンと合わせて回遊性のある家事動線になっています。
  • 2.6畳のファミリークローク。全身鏡付き引き戸で、お出掛け前の身なりチェックが出来ます。
  • 昆虫が好きなお子様のための土間スペース。LDKからも見守れる所に設けました。
  • 2Fフリースペースは趣味の読書をしたり、お子様の作品を飾ったり。吹抜けを介してLDKと繋がります。
  • 11畳の洋室を移動式収納で仕切り2部屋の子供部屋にしています。
  • ホワイトを基調にベージュの外壁をアクセントにスッキリとした外観にしました。
  • 玄関へのアプローチの先には自転車を置くスペースを設けました。
  • リビングと土間に面している南側の庭。虫が好む木々を植えたり、家庭菜園も楽しめる広さになっています。
  • お庭からも土間スペースに出入り出来るようになっています。お庭いじりの後の手洗いボウルも用意しました。