Instagram
facebook

現場施工日記
アーキレーベルクオリティ
BLOG

いつもの標準的な長さに加えて・・・

ようやく梅雨が明けたと思ったら、早速厳しい暑さの毎日ですね。

昨日打設した捨CON上に、午前中の内になんとか墨を出し終えました。

その後は、M20アンカーボルトを据付けます。

一番長いもので、深基礎部分の『M20×1,100』の長さ。

次に、長いものが『M20×800』。

これは、いつもの標準的な長さです。

そして、一番短いものが『M20×580』。

これも、いつもの標準的な長さですね。

以上の3種類の長さで、合計26本が据付け終わりました。

来週には、いよいよ鉄筋工事に入ります。