Instagram
facebook

スタッフ日記
アーキレーベルな日々
BLOG

今年もしました! 煙突掃除・・・

7月になりましたね。
アーキレーベルでは、毎年この時期行っております薪ストーブの煙突掃除を・・・

今年も業者さんにやっていただきました。

昨年の冬は、ほぼ毎日のように薪ストーブを使っていたので、掃除も毎朝していましたが・・・

それでも、それなりに汚れるものですね。

業者さんがやっているところをちょっとお邪魔をしまして・・・
作業をしているところを何枚か撮らせていただきました。

きちんと養生してくださいました。

ほほ~ん

中味ってこんな感じになっているんですね~。

細かい作業です。


灰もいっぱい出てきました。

そして、今年は消耗品であるガスケットを交換しました。
ガスケットとは・・・

この丸い触媒(ストーブ本体の二次燃焼室に搭載された部品)の周りに取り付けられているもので、本体と触媒の隙間を埋め、効率の良い燃焼を維持してくれるとても大切な部品です。

こちらがガスケットです。

なんか、平べったいチョコチップクッキーみたいでした。

これは、今まで使用していて、剥がす時にボロボロになったガスケットです。

手ブレしてしまいました・・・。
(分かりずらい写真ですみません。)

ガスケットは2~3年が寿命とのことです。
アーキレーベルのストーブは2シーズン経ったのでちょうど交換時期ですね。

ガスケットを触媒の周りにぐるっと巻いて、セットされました。

これまた良くわからない写真になってしまいましたね・・・。
(すみません。)
今年の部品交換は、このガスケットだけでした。

あとは、他の箇所も丁寧に掃除をしていただきまして、元通りに組み立てられていきました。


見事に、綺麗になりました。

業者さん、ありがとうございました。

今回、煙突から出た灰の量はこのくらいでした。

業者さん曰く・・・
意外と少ないとのことでした。
これは、薪が最後まで燃え尽きている良い証拠だとのことです。
ちゃんと温度管理ができているとのことでしょうか・・・?
なんか、褒められているようでちょっと嬉しかったです。

さて、これで一つスッキリしました。
冬はまだまだ先ですが、これで安心して使えます。

SAKATA