Instagram
facebook

こだわり続けて気が付けば50代…
そんな社長のブログ
BLOG

『・・・らしさ』について思うこと・・・

今、ひそかに・・・
年末の公開に向けて、弊社アーキレーベルのHPをリニューアル中です。

実はそれを契機に、弊社『Facebookページ』を廃止するつもりでしたが・・・
「SEO対策上、残しておいた方がいいです。」との制作業者の方からの一言に・・・
あっけなく「あ、了解です!」(即答)。
(そこらへんは大人の事情ということで・・・、割り切りは早いです。)

と割り切ったつもりでも、まだ心の片隅にモヤモヤとしたこの感情。

そんな気持ちとは裏腹に・・・
澄み渡る秋晴れの空のもと、ここ新潟市北区のJRA新潟競馬場の現場では・・・

場内にある関係団体事務所の屋上防水改修工事をしています。

今日は昇降階段足場を解体する前の現場検査の日なのです。
工事概要としては、平面・立上り含めてシート防水406.4㎡、架台部のウレタン塗膜防水13.9㎡です。

検査時間が来るまでの最後の掃除・・・
そして、見納めとなる光景なのですが・・・

お待ちしている間、やはりあのこと(冒頭のこと)を考えずにはいられません。

べつに・・・
「facebookの集めた個人データの取り扱いに賛同できない!」といった綺麗事を述べるつもりはありませんし・・・
これまで、多くの方々からの「いいね!」やあたたかいコメントをいただいておきながら、こんなことを言うのは心苦しいのですが・・・

ただ単に、面倒くさくなってきたのです。

何かまるで・・・
情報の『安売り』と言うか、『押し売り』と言うか・・・
(そもそも、何を食べたとか、どこへ行ったとか、そんなどうでもいいようなことが情報と言えるのかさえわかりませんが・・・)

そんなものに一々「いいね!」をしたり、求めたりすることに疲れたのです。
(つまり、まわりの空気を読むことに疲れました。)

現に、個人用のfacebookでは、もう何年も前に誕生日を削除しましたし、もう何ヵ月も更新していません。

おそらく・・・
このまま自然にフェードアウトしていくことでしょう。
(お友達登録をしていただいている方々には、決して縁を切るとかそういうことではありませんので、悪しからず。)

べつにSNSに居場所を作ろうとは思わないですし、そんなんだったら現実社会でひっそりと生きていたいというタイプですので・・・

弊社『Facebookページ』を廃止したいと思ったのも、つまり・・・
『検索サーチの上位によく出てくるあの会社!』と世間から認識されるよりも・・・
自分としては「ずっと価値を失わないものをつくりたい」と強く思いながらアーキレーベルを続けてきましたし、どうやらその思っていた方向に正しく進んでいるようなので本当によかったと・・・
ただそれだけのことです。

アーキレーベルがつくる家は、弊社設計スタッフの感覚だけではなく、私の好みも含まれています。
好きな方向が私には明確にあり、スタッフもそれを理解してくれている。
それがアーキレーベルのオリジナリティであり、他にはない価値です。

これからも頑なに『アーキレーベルらしい家』をつくっていけるように、真摯に取り組んでいきたいと思います。
多くの人がそれをいいと思ってくれればくれるほど、その価値はぶれずに大切にされていくでしょうから。

・・・と、そんな未来のことを思わずにはいられない、素晴らしい青空の日でした。