Instagram
facebook

現場施工日記
アーキレーベルクオリティ
BLOG

これでようやく肩の荷が・・・

あれから丸二日間・・・
掘削し続けて、残土を搬出し続けて、やっと敷地内にダンプを乗り入れらるようになりました。

そんなここ新潟市中央区の現場では・・・

ようやく建物本体の地業工事に入っています。

とかく12月もあとわずかになりますと、やり残しのないよう日々過ごしたいものですが・・・
これだけは! 決して忘れてはならないものがあるのです。

それは、地鎮祭の時にいただいたこの『鎮物(しずめもの)』。

普段は自分の机の前に置いていたのですが、さすがに地鎮祭から今日まで2ヶ月近くも経ちますと・・・
あまりにも日々の風景と同化しすぎて、思わずその存在を忘れてしまいそうになるのですが・・・

忘れずに無事埋めることができて、これでようやく肩の荷が一つ下りました。

あとはもう転圧に次ぐ転圧。
(地盤調査の結果、地盤改良の必要のなかったこの敷地では、ランマーで3回以上転圧することが決まりごとなのです。)

奥の方から順に仕上げてきて・・・

最後はこの(一番の難所である)深基礎部分が残りました。