Instagram
facebook

暮らしを「想造」したい
女性建築士のブログ
BLOG

プランニングしながら考えること…②~パッシブデザイン

「省エネ」や「節電」への関心が高まる中、「住宅の省エネ化」も今後ますます進んでいきます。

住宅の省エネのためには
建物の断熱・遮熱性能を上げることはもちろんです。

そしてさらに、季節によって自然環境をうまく利用し、建物の室内を居心地良くする工夫…これも、住宅の省エネ化につながります。

このような設計の工夫を「パッシブデザイン」といいます。

?そしてこの「パッシブデザイン」こそ、プランニングする上で心がけなければならない大事なことだと思っています。

?例えば夏…

日射を遮る工夫自然風を利用する工夫

冬は

日射熱を利用する工夫(冬場日照時間の少ない新潟では残念ながらあまり効果を期待できません)

?一年をとおしては、

昼光利用や換気のための自然風利用ができるように。

?などの要素を設計時になるべく盛り込むように考えています。
工夫の中身については、プランご提案のときに個別にご説明することにして…

?前回お話した、「吹き抜け」の空間も「パッシブデザイン」に含まれ、昼光利用や自然風利用に役立ちます。

?お客様に、夏に風が通って気持ちいいと言ってもらえたり、冬は暖かくて快適だと言ってもらえたりすることが何より嬉しいです(^.^)